シミの種類について

シミの種類

シミの正体は、肌の内側のメラニン色素です。

シミの原因にはいろいろなものがあり、原因によって肌のどのぐらい深い部分にシミができるかが異なるため、お手入れ方法やシミをなくす方法などは変わります。

シミはできてから消すのは大変なので、できるだけ予防したい肌トラブルと言えます。

シミの中でも日焼けなど紫外線が原因で起こるものは老人性色素斑、略して老斑と呼ばれています。

スポンサーリンク

このタイプのシミは、肌の外側から紫外線のダメージを受けることによってシミが作られるため、肌の中では比較的浅い部分にできるのが特徴です。

紫外線を浴びてすぐにシミができるわけではなく、深い部分に作られたシミ予備軍が時間をかけて少しずつ肌の表面に近い部分へと浮上し、最終的にシミとなって現れます。

それまでにかかる時間は数年~10年と言われているので、できればシミ予備軍のうちに退治するのが理想的な対策となります。

30代~40代は肝斑に注意

30代後半から40代にかけての女性ができやすいのは、肝斑(かんぱん)です。

これはホルモンバランスが崩れることで起こってしまうシミで、体の内側に原因があるため、割と深い所にできるのが特徴です。

レーザー治療などでは消すことができないので、ハイドロキノンなどのクリームを病院で処方してもらって治す方法が一般的です。

そばかすもシミの一つです。

顔全体に細かい斑点のような感じで現れるシミは、子供の頃にできることが多く、遺伝的な原因と言われています。

紫外線を浴びると濃くなってしまうことがあるため、普段から美白ケアを心がけてシミを濃くしないスキンケアが必要です。

シミの中にはイボのように盛り上がった状態にできるものがあります。

これは脂漏性角化症と呼ばれるもので、シミが角化することによって皮膚が盛り上がってしまうというメカニズムで起こります。

スキンケアでは治すことが難しい種類のシミですが、美容皮膚科など美容系のクリニックで炭酸ガスレーザーを使った治療を受けることで簡単に治療できるのが特徴です。