大人ニキビケアでしてはいけないこと

大人ニキビケアでしてはいけないこと

男性も女性も大人ニキビを何とかして治したいという人は多いですね。

若い頃は全然できなかったのに、20歳を過ぎたころから急にニキビができだして、どうしたらいいかわからないという人もいます。

そんな人たちがしてしまいがちなのは、間違ったニキビケアです。

ドラッグストアなどではニキビ用洗顔料や基礎化粧品が販売されていて、それを買って使ってしまいがちですがこれらは大人ニキビケアには向きません。

スポンサーリンク

どちらかと言うと思春期にできるニキビケア用です。

市販されているニキビ用洗顔用などには、サリチル酸やグリコール酸が含まれているものが多いです。

これらは洗浄力が強く洗い上がりはさっぱりしますが、大人の肌にとっては潤いまで奪ってしまうもので、ますます乾燥肌になり、大人ニキビが治らなくなるのです。

洗浄力が強いもので1日に何度も頑張って洗顔していた、という人はすぐに止めてください。

これでは大人ニキビが減るどころか、増えることになってしまいます。

洗顔料を見直して乾燥を防ぐ

大人になってからオイリー肌になったというのも、実は乾燥が原因です。

乾燥しているから皮脂がどんどん分泌されているんです。

こんな場合は洗顔料などを見直してみることが大切です。

では、どんなものを使えば良いのかですが、肌に優しい無添加系のものが良いです。

敏感肌用で刺激の少ないもの、成分がわかりやすく記載されているもの、保湿に特化したものを選ぶと安心です。

どんなものが良いのかわからない場合は、インターネットで検索してみると、大人ニキビにおすすめのケア製品がたくさんでてきます。

その中から自分に合いそうなものを選び、使ってみると良いでしょう。

無添加系のものに変えて、1カ月くらいすると肌が変わったのを感じたという声がありますから、ぜひ使ってみてください。