ニキビと刺激物の関係

コーヒー

大人ニキビは、いろんな原因が重なってできる複雑なものです。

食べ物などの影響もかなりあって、大人ニキビで悩んでいる人は、刺激物はあまり摂らない方が良いと言われています。

気にしすぎも良くない

しかし個人差もあることなので、あれもダメ、これもダメ、とするとかえってストレスが溜まり、ニキビに良くありません。

あまり気にする必要はないのかもしれませんが、大人ニキビができている間は、なるべく刺激になる飲食物は避けた方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

刺激物というと香辛料をたくさん使った料理のみではなく、コーヒーや紅茶、ココアなどカフェインを含む飲み物も刺激物となります。

1杯も飲んではダメというわけではなく、飲み過ぎるのはいけないということです。

また、ノンカフェインの飲み物もありますので、ニキビができている間はそういったものを飲むようにすると良いでしょう。

ハーブティーや麦茶ならカフェインを含みませんのでいくら飲んでも大丈夫です。

最近はノンカフェインのコーヒーもありますね。

カフェインは、ニキビに良いとされるビタミンCの吸収を妨げると言われていますので、ニキビを早く治したいなら、少し我慢する方が良いですね。

また、トウガラシなどの刺激が強い食べ物もニキビに良くないと聞きますが、香辛料が直接ニキビに関係するのかというのは不明です。

辛いものが好きな人はいくら食べてもニキビができることはないようですし、香辛料の摂りすぎがニキビの原因とは言えないようです。

ただ、辛い料理を食べ過ぎて胃腸を壊すと代謝機能が落ちますからニキビができやすくなることはあるようです。

何を食べるにしても、食べ過ぎはいけないということです。

トウガラシは冷えやダイエットに効果があるなどの情報を聞くとたくさん食べてしまいがちですが、お肌のためにはほどほどにした方が良いです。