ニキビを潰すのは良いの?良くないの?

ニキビを潰している女性

ニキビができると、どうしても気になって触ってしまいますね。

特に大人になってからのニキビは、メイクもしないといけないし、何とか隠せないものかと潰したり、ファンデーションを厚塗りしたりといろいろしてしまいます。

ニキビを潰すと早く治るという人や、潰すと絶対跡が残るからダメという人、様々ですが本当はどうなのでしょう。

ニキビは基本的には触らないのが一番良いです。

スポンサーリンク

触ると刺激になりますし、細菌がつきやすくなります。

赤く炎症を起こしている赤ニキビの状態だと、痛みがあるので触れませんが、赤ニキビの次の段階の黄ニキビになるとニキビの先に膿が溜まり、芯が見えるのでこれを出してしまおうとすることがあります。

爪で押し出すのは厳禁

黄ニキビの段階だと痛みもほとんどないので、つい爪で押し出してしまいますね。

爪で押し出すのはもってのほかで、爪には細菌がついていますしニキビの周辺の肌も爪で押すことで傷めてしまいます。

膿と芯が出たらスッキリしますが、実は皮膚細胞は傷ついているので、また炎症を起こしたり治っても跡が残ったりするので注意が必要です。

しかし皮膚科に行くと、圧出という方法でニキビを潰して治します。

これなら自分で潰しているのと変わらないのではと思うかもしれませんが、病院で潰す場合はきちんと殺菌した器具で行いますので炎症を起こしたり、跡が残ったりする心配はありません。

病院では、ニキビの表面に小さな穴を開けて押し出しますので何度もグイグイ押したりすることはありません。

最近ではレーザーを使うところもあって、炎症を起こしてしまったニキビでも膿を排出して炎症を早く鎮める効果があります。

ニキビは自分で潰すのはだめで、病院で潰してもらうのは良いということですね。