大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因にはいろいろなものがあります。

その中でも多くの人が知らない間に肌を乾燥させている要因の一つに、紫外線によるダメージがあります。

スポンサーリンク

洗濯物を外に干すと、衣類に含まれている水分がどんどん蒸発して洗濯物は乾きます。

私たちの肌も、空気に触れることによって紫外線を浴び、肌細胞の内側の水分が少しずつ蒸発してしまいます。

夏の強い紫外線を浴びると肌がカサカサになってしまうのは、肌が急激に乾燥してしまったために起こる症状で、紫外線を浴びることによって知らず知らずのうちに肌は少しずつ乾燥しているのです。

間違ったお手入れも乾燥の原因

間違ったスキンケアも乾燥肌の原因となります。

例えば洗顔する時に汚れを少しでもしっかり落とそうと指の腹で肌をゴシゴシこすってしまったり、また肌に刺激となる成分が含まれている化粧水を我慢して使っていたり、肌に必要な成分を補給せずに不要な成分ばかりを肌に与えるなど、間違ったスキンケアはたくさんあります。

乾燥肌の場合には、肌のバリア機能が極度に低下している状態ですから、洗顔ではできるだけ肌に負担をかけないように泡洗顔で毛穴の中につまっている汚れだけを取り除くような方法が効果的ですし、基礎化粧品を選ぶ際には、保湿作用が高いヒアルロン酸やセラミドが配合されたものを選んだほうが短期間で大きな保湿効果が期待できます。

中でもセラミドという成分には、細胞間の隙間に入り込んで水分で満たしてくれる作用があるので、短期間でバリア機能を正常な状態へと近づけることができます。

その他にも、乾燥肌の原因は私たちの身の回りにたくさんあります。

入浴方法で肌に必要な皮脂を取り過ぎてしまったり、ストレスで皮脂分泌が過剰になってしまったり、またエアコンや暖房等快適な室内で過ごす時間が長かったりすることもまた、肌が乾燥する原因になります。

毎日の睡眠時間も肌と大きな関係があり、慢性的な睡眠不足の人は肌が乾燥しやすくなるなどトラブルを起こしやすくなってしまいます。

Return Top