大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

乾燥肌ってどんな肌?

乾燥肌ってどんな肌?

乾燥肌というのは、肌の表面を覆っている角質細胞の水分が不足している状態です。

肌は表面が水分や皮脂で覆われていて、外からの刺激から体を守ってくれる役割をしています。

スポンサーリンク

これをバリア機能と呼んでいます。

肌が乾燥すると、表面の細胞の水分が不足するために細胞間に隙間ができてしまい、そこからアレルギーを引き起こす刺激成分が体内へと侵入しやすくなってしまいます。

こうした刺激成分を撃退しようと体が働くため、その部分が赤くなったり痒くなったり、またブツブツができるなどの症状が起こってしまうわけです。

つまり、乾燥肌によるこうした肌の不快な症状は、実はバリア機能が低下したことで外からの刺激に弱くなり、肌が必死に体を守ってくれている症状と言えます。

乾燥肌を改善する方法

この症状を改善するためには、肌の水分量を増やしてバリア機能を正常な状態へと近づける方法しかありません。

そのためには、普段使っている基礎化粧品を見直して、できるだけ保湿作用が高い成分がたっぷり配合されているスキンケアをすることが有効です。

水風船をイメージしてみてください。

水がたっぷり入っている水風船は、向こう側が透けて見えるぐらい透明感がありますし、弾力的です。

しかし、水を抜いてしまうと透明感がなくなってしまいますし、弾力性も低下してしまいます。

肌細胞にも同じことが言えるわけで、一つ一つの肌細胞の水分量が低下してしまうと、しぼんだ水風船のように透明感がなくなって肌がくすみやすくなったり、弾力性が失われてたるみやしわができやすい肌になってしまったりしてしまいます。

肌トラブルは乾燥肌が原因になることが多いので、普段のスキンケアでたっぷり保湿をしてあげることで肌質が改善するとともにトラブルが起こりにくくなります。

乾燥肌のスキンケアは、とにかく保湿を重点にしたお手入れが必要です。

洗顔から化粧水、美容液、クリームまでのプロセス全てにおいて、肌の乾燥を抑えながらたっぷり水分を補給できるお手入れ方法を心がけてください。

Return Top