大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

ニキビの種類と対策

ニキビの種類と対策

ニキビとは、アクネ菌によって肌に炎症が起こってしまう症状です。

ニキビには白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビと大きく4種類があり、それぞれ対策方法は異なります。

スポンサーリンク

間違ったニキビケアをすると、ニキビがひどくなったりニキビ跡になってしまったりするリスクもあるので気を付けましょう。

まず、ニキビができたばかりの初期の状態は白ニキビと呼ばれています。

肌がまだ炎症を起こしておらず、肌に白いぷつっとしたものができている状態で、この段階では正しい方法でつぶせばニキビ跡にはなりません。

白ニキビは毛穴がふさがれて中の皮脂が出てこられない状態なので、清潔な手で肌を少し離れたところから押して皮脂を出してあげましょう。

その後は、美白ケア用の美容液などをつけてあげれば、色素沈着を予防することができます。

決してつぶしてはいけない赤ニキビ

ニキビが炎症を起こしてしまうと赤ニキビになります。

炎症を起こしている状態なので、このニキビは決してつぶしてはいけません。

炎症は放置すると肌の内側にどんどん進行してニキビ跡になる確率が高くなってしまうので、速やかに炎症を抑えるケアをしなければいけませんが、不安な人は皮膚科に行くのも良いでしょう。

炎症をとにかく早期に鎮めることを念頭に入れて赤ニキビと付き合わなければいけません。

ニキビの内側に膿ができると、その膿が白もしくは黄色にみえることから黄ニキビと呼ばれるようになります。

膿は放置しても少しずつ体内へ吸収されていきますが、消毒した針などで先の部分の皮膚に少し穴をあけて膿を出してあげたほうが治りが早くなります。

黄ニキビまで進行してしまうと、かなり高い確率でニキビ跡になってしまうので、保湿ケアと美白ケアを心がけて肌のターンオーバーによって早期にニキビ跡を治療できるスキンケアを心がけましょう。

ニキビの中身の皮脂が空気に触れると、酸化して黒くなってしまうことがあります。

これを黒ニキビと呼びます。

放置しておくと周囲の細胞に色素沈着が移ってしまうことがあるので、まずは黒くなった部分を取り除き、色素沈着が残らないように美白ケアをしてあげる必要があります。

Return Top