大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

ニキビの種類別対処法

ニキビの種類別対処法

ニキビには何種類もあって、それぞれの対処法があります。

正しい対処法を知り、ニキビのないきれいな肌を手に入れましょう。

ニキビの段階

スポンサーリンク

ニキビの段階

まず第1段階の角栓が詰まった状態ですが、この段階では気づかないため、普段のお手入れで予防的なケアをしていきます。

角質層が乾燥すると角栓ができやすくなるので、保湿を中心としたケアでニキビを予防していきます。

第2段階の白ニキビは、発生に気づいたら医療機関で圧出してもらうときれいに治ります。

炎症も起こしていないので、圧出しても大丈夫なのです。

自分の爪や毛抜きで無理やり潰してしまうと炎症を起こす可能性がありますのでおすすめしません。

第3段階の黒ニキビも、医療機関で圧出してもらえば今ある黒ニキビをすぐに消失できます。

予防法としては、肌のターンオーバーを促すようなサプリメントを摂ると良いです。

例えばビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6などです。

第4段階の赤ニキビが炎症のピークを迎えた状態です。

痛みもありますのであまり触らない方が良いです。

自分で無理やり潰す人がいますが、かなり痛みますし炎症がひどくなり、治っても跡が残ったりしますので止めましょう。

まず炎症を抑えないといけないので、ステロイド薬や抗生物質などの薬を病院で処方してもらい、治療した方が良いです。

炎症が治まったら、ニキビができにくい肌にするためのケアをしましょう。

第5段階の黄色ニキビは化膿して膿が溜まった状態です。

痛みはそれほどひどくないので、ニキビを潰して膿を出してしまう人が多いですが、それをすると跡が残ってしまいます。

重症ニキビとなりますので、医療機関で治療を受けた方が良いです。

第6段階の紫ニキビは炎症が極限まで進み、毛穴に血液と膿が溜まった状態です。

自然に治ったとしても間違いなく跡が残るニキビです。

かなり大変な治療になりますので、こうなるまでにニキビは治療しないといけません。

Return Top