大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

ニキビが治った後がシミに!さあどうしましょう

ニキビが治った後がシミに!さあどうしましょう

大人ニキビが治った後が、シミになってしまった!どうしたらいいの?と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

炎症を起こしてしまった大人ニキビは、跡が残ってしまうことが多いのです。

これを炎症性色素沈着と言います。

ニキビ自体は治っているので、痒みや痛みはありませんが、そのまま放置しておくと紫色や茶色のシミになってしまいます。

しかし安心してください。

ニキビ跡のシミは、早めにケアすれば改善します。

ニキビ跡のシミケアの方法

大人ニキビが治った後のシミには2種類あって、紫色になるものと茶色になるものがあります。

この2つは同じように思いますが、原因もケア方法も違いますので注意してください。

まず、紫色になるものですが、これはニキビが赤く腫れた後になりやすいです。

腫れは落ち着いているのですが、その部分が紫色の斑点になります。

これはニキビが炎症を起こしたことで肌の内部の血管や細胞がダメージを受け、毛細血管から出血するのが原因です。

茶色になるのは、紫色になるものの後になりやすく、茶色の斑点になってしまうものです。

これは紫色のニキビ跡に紫外線を浴びたことでメラニン色素が肌を守るために大量に発生し、それが排出されずに肌に残ってしまうためにできるものです。

これらのケア方法ですが、肌のターンオーバーを整えること、酵素洗顔、紫外線対策をすれば改善できます。

ターンオーバーを整えるのは、生活習慣を見直して規則正しい生活にすることが一番です。

そして正しいスキンケアをすることですね。

酵素洗顔は、角質層を強制的にはがしてターンオーバーを早めます。

ただし、肌に刺激が強いので、週に1度の使用が目安です。

もし肌に合わない場合は無理して使わないようにしましょう。

そして紫外線対策です。

紫色の跡の場合はこれらのケアで改善しやすいのですが、茶色の跡は悪化した状態なので医療機関で治療しないと完治しない場合があります。

Return Top