大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

大人ニキビに化粧水や乳液をつけて良いの?

大人ニキビに化粧水や乳液をつけて良いの?

大人ニキビに悩んでいる人は、肌のお手入れの時もどうしたらいいかわからないことがたくさんあるようです。

その中の一つに、ニキビができている肌にいつも通りのスキンケアをしても大丈夫なのか、ということがあります。

ニキビができている肌に、化粧水や乳液をつけるとかえって毛穴詰まりを起こしてニキビが悪化してしまうのではと不安になるものですが、大人ニキビの場合は、十分な保湿が必要なのでたっぷりと化粧水をつけ、さらに乳液や美容液はつけた方が良いと言われています。

大人ニキビは肌の乾燥が原因でできることが多いのです。

肌が乾燥すると、肌の表面の角質層が硬くなって分厚くなります。

そうすると毛穴がふさがりやすくなります。

さらに肌が「乾燥から守らなければ!」と皮脂をどんどん分泌します。

毛穴がふさがり、皮脂が増えるとなったらニキビができるしかありませんね。

化粧水も乳液もたっぷりと

肌が乾燥しているのにニキビができるなんて意外だと思われますが、大人ニキビではそれが当たり前のようになっています。

ですから、大人ニキビの肌には保湿効果がある化粧水や乳液、美容液などで潤いを与えるようにしましょう。

洗顔後、化粧水はたっぷりつけます。

そして保湿液や美容液は、10円玉くらいの量を手のひらに出して両手で擦り合わせて温めます。

そして顔の中心から外側へ押し当てるようにしてつけます。

ゴシゴシ擦ってつけないようにしてください。おでこにも忘れずにつけてくださいね。

顎のあたりや首にも塗るようにすると良いです。

大人ニキビは顎や首にもできる場合があるので、しっかり首まで保湿すると良いでしょう。

肌の奥が潤っていると、肌の奥がふっくらしますので肌が持ち上がります。

たっぷりと潤いのある肌は角質層がはがれたり硬くなったりしません。

当然ニキビもできにくくなります。

Return Top