大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

ニキビの跡を残さず治したい

ニキビの跡を残さず治したい

ニキビができてしまったら、とにかく跡を残さずに治すことを考えましょう。

顔にできると目立つので、何とかして早く治そうと潰してしまったりしがちですが、病院でなく自分で潰すのはやめましょう。

潰してしまうと、皮膚の細胞も傷つき、色素沈着を起こしてしまいます。

これがニキビ跡として残ってしまうのです。

自分で潰した後、すんなり治ってくれると良いですが、年齢を重ねた肌はターンオーバーの周期も長くなりがちです。

どうしても跡が残りやすくなりますので、注意しましょう。

自分でニキビを潰すと跡が残る

ニキビは、赤く腫れた状態になった時に気づくことが多いですね。

痛みもありますのであまり触ることはありませんが、ここで触って潰したりしてはいけません。

できれば病院で炎症を緩和するような薬を処方してもらい、塗った方が安心です。

炎症を抑えるのに、抗生物質の軟膏を塗ります。

炎症が治まったら、ニキビができにくい肌にするための対策をします。

炎症を抑えるための薬は、使い続けると肌バリアの機能を低下させます。

このままではニキビが繰り返しできてしまいますので、肌のバリア機能を高めるような基礎化粧品で手入れをします。

肌のバリア機能を高めるためには、角質層を保湿するものを選びましょう。

角質層が乾燥しているために大人ニキビができるのです。

バリア機能を高めるには、セラミドが配合されたものを選ぶと良いです。

肌の奥まで浸透させないと意味がありませんので、浸透力が高いとされるヒト型セラミドを配合したものがおすすめです。

バリア機能が高まれば、毛穴を詰まらせることもありませんし、ニキビができるのも防げます。

ニキビができてしまうと潰してしまいたくなるものですが、自分で潰すのは跡が残りやすいので止めましょう。

Return Top