大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

乾燥肌だとニキビができやすい

乾燥肌だとニキビができやすい

ニキビができる人はオイリー肌だと思っていませんか?

確かに、オイリー肌の人は皮脂分泌が過剰なので毛穴が皮脂で詰まりやすく、その結果ニキビもできやすくなってしまいます。

しかし乾燥肌が進行することでもニキビはできやすくなり、この場合にはニキビができているからと言って自分はオイリー肌だと思い込んで間違ったスキンケアをしてしまうと、ニキビがさらに悪化したり肌質が悪化したり、ひどくなるとアトピー肌になってしまったりすることも少なくありません。

肌が乾燥すると、肌表面のバリア機能が低下してしまいます。

一つ一つの細胞に含まれている水分量が不足するため、肌は少しでもバリア機能を正常な状態に保とうとして水分の代わりに皮脂で表面に膜を張ろうとするのです。

それが、皮脂分泌が過剰になってしまう原因です。

肌が乾燥しているということは、表面の角質細胞が乾燥して硬くゴワゴワになりやすいですし、それが毛穴を塞いでしまうと中から分泌される皮脂が詰まってしまい、ニキビとなってしまいます。

乾燥によるニキビを防ぐには

乾燥肌の人ができやすい乾燥ニキビをお手入れするためには、根本的な部分を解決することが必要で、そのためには徹底して保湿ケアを行うことでバリア機能を正常な状態へと近づけ、ニキビなどのトラブルを起こしにくい健康な肌質を手に入れることが必要です。

ニキビができている乾燥肌だと、基礎化粧品は乾燥肌用のものを使うべきなのか、それともニキビ肌用のものを使うべきなのか、悩んでしまう人は多いものです。

乾燥肌用のものは保湿成分がたっぷり入っていますし、ニキビ肌用のものはアクネ菌を殺菌する成分などがたっぷり入っているので、どちらも捨てがたいです。

長期的にはどちらのタイプでも肌のバリア機能が改善すればニキビはできにくくなりますが、もしもニキビが気になる場合にはニキビ肌用の基礎化粧品を使ってもOKです。

ただし、肌に刺激を与えないことが乾燥肌のスキンケアでは大前提ですから、アクネ菌を殺菌しながら肌をしっかり保湿してくれるような使用感のものを選ぶようにしましょう。

Return Top