大人ニキビの治し方

繰り返す大人ニキビを治す方法

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビというと同じものとして考えられますが、大人ニキビと思春期ニキビは見た目は同じでも原因やケア方法が全然違うのでその違いを理解してください。

思春期ニキビですが、中学生から高校生くらいの頃に顔中に花ざかりになる、あれです。

原因が決定的な違い

スポンサーリンク

思春期は皮脂の分泌が盛んな時期で、その皮脂の分泌が多いTゾーン(おでこや鼻)を中心にしてできます。

急激に性ホルモンや成長ホルモンが増えるせいで、皮脂の分泌が盛んになるためです。

時期的に異性の目を気にする頃なのでとても悩む人が多いのですが、健康な男女であれば誰もが経験するものなので、跡が残らないように治すように注意すれば大丈夫です。

大人ニキビは、あまり皮脂が分泌されないUゾーン(顎や口周り)を中心にできるものです。

顎のラインや首、頭皮にできる人もいて、一度できてしまうと治るまで時間がかかり、繰り返し発生してしまうのが特徴です。

原因はストレスなどによるホルモンバランスの乱れで、思春期の頃はニキビがあまりできなかったのに、20歳を過ぎて仕事をするようになってから大人ニキビに悩まされるようになったという人もいます。

学生の頃とは違い、社会に出るといろいろストレスがかかることがあるので仕方がありません。

大人ニキビの原因のほとんどは、ストレスにより男性ホルモンの分泌が増えたことによるものと言われています。

ストレスやホルモンといった目に見えないものが大人ニキビの原因となることが多いので、対応が難しいです。

ストレスは適度に発散するようにし、規則正しい生活をするように心がけ、メリハリのある生活を送ると良いでしょう。

平日は仕事で忙しくしていても、休日は一切仕事のことなど忘れて楽しむ、というように気分をうまく切り替えるようにしていくと良いです。

くよくよと悩むことが肌には良くないのです。

Return Top